名古屋大学 情報・言語合同図書室 扉環境学研究科(情文系 冊子体所蔵分のみ)博士学位論文一覧
アイコン凡例
著者名, 専攻名, 論文番号, 授与日
論文名
リポジトリの表示がある学位論文はフルテキストにリンクしています。リンク先の「Files in This Item:」の下にあるpdfファイルをご覧ください。
2013年4月以降に学位授与された方の博士論文は名古屋大学学術機関リポジトリで公開されます。情報・言語合同図書室には所蔵されておりませんので、名古屋大学学術機関リポジトリをご利用ください。
アイコン課程修了によるもの
佐藤 祐子 (Sato Yuko) (都市環境学) 環境学博第14号 (甲6134), 2004.03.25
細胞環境モデルにおける巨大DNAの挙動 = The dynamics of giant DNA molecules in cell mimicry system
Zinchenko, Anatoly Alexandrovich (都市環境学) 環境学博第15号 (甲6135), 2004.03.25
Design of low-molecular condensing agents toward controllable DNA collapse = DNA折り畳み制御を指向した低分子量凝縮剤のデザイン
Vijayalakshmi, Kunduchi Periya (都市環境学) 環境学博第19号 (甲6139), 2004.03.25
Synthesis and reactions of highly functionalized 60π-electronic bis(fulleroid)s, bis(methano)fullerenes, and cyclohexadiene derivatives of C60 = C60シクロヘキサジエン付加体の転移反応を用いた多官能基性60π電子系フラーレン誘導体ビス(フレロイド)の合成と反応メカニズム
陳 寧 (Chen Ning) (都市環境学) 環境学博第41号 (甲6562), 2005.03.25
Long DNA conformational transitions during interaction with synthesized pteridine-polyamine conjugates = プテリジン-ポリアミン複合体との相互作用に基づく長鎖DNA折り畳み
高橋 恒 (Takahashi Koh) (都市環境学) 環境学博第47号 (甲6698), 2005.04.15
自己反応によるリチウム二次電池用政局材料の合成と電池特性に関する研究
Landge, Sudhir Shankar (都市環境学) 環境学博第107号 (甲7581), 2007.04.27
Selective oxidation of 6-hydroxyalkylpteridine: Novel preparation of 6-acylpteridine and its application to synthesis of 7,8-dihydropterin derivatives related to sepiapterin = 6-ヒドロキシアルキルプテリジンの選択的酸化:6-アシルプテリジンの新規合成法と、そのセピアプテリン関連7, 8-ジヒドロプテリン誘導体への応用
許 弼源(Heo Pilwon) (都市環境学) 環境学博第129号 (甲7815), 2008.3.25
Intermediate - temperature fuel cells using a proton-conducting Sn0.9In0.1P2O7 electrolyteリポジトリ
竹中 健朗 (Takenaka Toshio) (都市環境学) 環境学博第207号 (甲8957), 2010.9.30
ヒストンをモデルとしたカチオン性ナノ粒子によるDNA凝縮
李 炳益 (Lee Byungik) (都市環境学) 環境学博第251号 (甲9661), 2012.3.26
Electrochemical reactors for hydrocarbon oxidation usding a proton-conducting electrolyte
蒲 生彦 (Pu Shengyan) (都市環境学) 環境学博第274号 (甲9902), 2012.11.30
DNA-Templated approach for construction of inorganic nanomaterials
黒田 康弘 (Kuroda Yasuhoro) (都市環境学) 環境学博第276号 (甲9914), 2012.12.28
セピアプテリンおよびメタノプテリン化学合成の鍵中間体の合成研究
upページトップへ
アイコン論文提出によるもの
Byung-gon Chae 環境学論博第 2号 (乙6250), 2003.11.14
Characterizasion of hydraulic conductivity in rock fracture
浦野 扶美 (Urano Fumi) 環境学論博第11号 (乙6455), 2005.03.25
Molecular mechanism for inactivation of tyrosine hydroxylase mediated by tetrahydrobiopterin = テトラヒドロビオプテリンによるチロシン水酸化酵素不活性化の分子機構
青木 義幸(Aoki Yosiyuki) 環境学論博第38号 (乙6763), 2008.04.30
土壌有殻アメーバと森林シリカサイクルリポジトリ
長尾 征洋(Nagao Masahiro) 環境学論博第51号 (乙6942), 2011.9.27
Proton conduction in tin @hosphates their applicaion to electrochemical devices
upページトップへ